ここから本文です

秋作メロン丸々2千玉 JA金沢市が初出荷

北國新聞社 9/8(木) 16:20配信

 秋作「石川アールスメロン」の出荷が8日、金沢市下安原町のJA金沢市砂丘地集出荷場南部で始まり、農家5軒が丸々と育った約2千玉を運び込んだ。品質は上々で、9日にスーパーの店頭に並ぶ。

 JA金沢市メロン部会によると、市内では農家17軒がハウス栽培で秋作メロンを育てている。6月の定植以降、天候に恵まれ、昨年より3日早い初出荷となった。10月中旬までに例年並みの約4万玉の出荷を見込む。

北國新聞社

最終更新:9/8(木) 16:20

北國新聞社