ここから本文です

レアル、左足手術からの復帰を目指す守護神K・ナバスが全体練習に合流

SOCCER KING 9月8日(木)13時54分配信

 10日に行われるリーガ・エスパニョーラ第3節のオサスナ戦で大黒柱のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの復帰が見込まれているレアル・マドリードだが、加えて守護神のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスも完全復活に向けて大きな一歩を踏み出した。同選手は6日、左足の故障後初めてチームの全体練習に復帰している。

 昨シーズンから左足のアキレス健に問題を抱えていたK・ナバスは、コスタリカ代表として出場する予定だったコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016を欠場し、6月8日に同箇所の手術に踏み切った。その後、オーバーペースのリハビリがたたり、かえって回復が遅れてしまったとも報じられていたが、最長で全治4カ月という当初の診断に近い形で復帰できることとなりそうだ。

 その一方で、先月末に右足首のじん帯を負傷したスペイン代表MFイスコの回復が遅れていると見られている。当初は14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節、スポルティング戦での復帰を目指していたイスコだが、スペイン紙『マルカ』は、18日に行われるリーガ第4節、エスパニョール戦の出場も怪しいと伝えている。

SOCCER KING

最終更新:9月8日(木)13時54分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。