ここから本文です

リバプール新スポンサーが失態…なぜ?クラブをからかうツイートで炎上

ゲキサカ 9月8日(木)11時28分配信

 リバプールは6日、ロサンゼルスの時計ブランド『Holler(ホラー)』と公式パートナーシップを結んだと発表した。しかし、この新スポンサー契約締結直後に問題が発生してしまったという。英『メトロ』が伝えている。

 6日に行われたU-21欧州選手権予選のノルウェー戦でマンチェスター・ユナイテッドに所属するFWマーカス・ラッシュフォードはハットトリックを達成。18歳のFWはU-21イングランド代表デビュー戦で衝撃を与えた。

 するとユナイテッドの18歳の活躍を受けて、なぜかリバプールの新スポンサーである『ホラー社』が軽率なツイートをしてしまった。同社はラッシュフォードの写真とともに、からかうような文面を投稿。

「アーセナルが最後に優勝したのは、マーカス・ラッシュフォードが6歳のとき。リバプールが最後に優勝したのは、ラッシュフォードの父親が10歳のときだった」(原文ママ)

 この投稿はまたたく間に拡散され、リバプールのファンからは数多くの批判が寄せられた。その後、ツイートは削除されたという。

 なお、リバプールのリーグ優勝は1989-90シーズンの“ディビジョン1”制覇が最後。現行のプレミアリーグ移行後は優勝経験がない。

最終更新:9月8日(木)11時30分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報