ここから本文です

「バルサでも十分プレーできる」 シャビ、CL出場のレスターMFの健闘祈る

ゲキサカ 9/8(木) 17:59配信

 アルサッドのMFシャビ・エルナンデスは、バルセロナがレスター・シティのMFリヤド・マフレズ獲得を逃したことを悔やみながらも、今季のマフレズの活躍を祈っている。『ESPN』が伝えた。

 2014年1月にフランスのル・アーブルから40万ポンド(約5400万円)でレスターに加入したマフレズ。昨季はプレミアリーグ37試合に出場し、17ゴール11アシストを記録し、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出された。この活躍から今夏の移籍市場では人気銘柄となり、バルセロナやアーセナルへの移籍の噂が報じられていた。だが、先月17日にマフレズはレスターと2020年6月末まで契約を延長した。

 現在、カタールリーグでプレーするシャビは、「マフレズはバルセロナでも十分プレーできる」と、FWリオネル・メッシやFWネイマール、FWルイス・スアレスらと一緒にプレーできるだけのクオリティがあると絶賛した。

 その一方でシャビは、「彼がレスターに残ると決断したことは嬉しいね」とコメント。「間違いなく、彼にはいろいろな選択肢があったはずだ。今シーズン、ヨーロッパの舞台でマフレズとレスターがどのようなプレーをするのか楽しみにしているよ」。今季チャンピオンズリーグに初参戦するレスター。14日にクラブ・ブルージュとの初戦を迎えるが、シャビもレスターと共にマフレズの活躍を注目している。

最終更新:9/8(木) 17:59

ゲキサカ