ここから本文です

大宮DF和田、右足リスフラン靭帯損傷で全治約3か月

ゲキサカ 9/8(木) 19:10配信

 大宮アルディージャは8日、DF和田拓也が右足リスフラン靭帯損傷と診断され、同日にさいたま市内の病院で手術を行ったことを発表した。同選手は4日のルヴァン杯準々決勝第2戦の横浜FM戦で負傷。全治は約3か月で、リハビリ後にトレーニングへ合流する予定となっている。

最終更新:9/8(木) 19:10

ゲキサカ