ここから本文です

スバル「レガシィ アウトバック X-ADVANCE」発表…2017年1月発売

オートックワン 9/8(木) 14:34配信

富士重工業は、スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売*から50周年を記念した特別仕様車の第3弾として、「レガシィ アウトバック」に「X-ADVANCE」を設定し、2017年1月9日より販売開始する。価格は3,218,400円(消費税込)。

このニュースのフォトギャラリー

*1966年5月14日発売

「レガシィ アウトバック X-ADVANCE」は、「レガシィ アウトバック」をベースに、『本物の機能性を備えたスタイリッシュなアウトドアギア』をデザインテーマとして開発した特別仕様車である。

インテリアは、撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせて機能性を高めた専用シートを採用。運転席周りは光輝パーツによる装飾をしないことで、道具の持つ本質的な素材感を大切にしながらも、ステアリングやシフトブーツにイエローグリーンステッチを施すことで洗練された印象を表現した。

エクステリアは、アルミホイールのガンメタリック化やルーフレールとドアミラーをブラック化することで、道具としての機能性を表現。サイドクラッディングに付くアウトバックオーナメントのカラーをイエローグリーンに変え、特別感を演出した。

【特別装備】

■インテリア (カッコ内は加工・装着箇所)

・イエローグリーンステッチ加工(撥水ファブリック/合成皮革シート、コンソールリッド、本革巻きステアリングホイール、シフトブーツ、レザー調素材巻ドアトリム)

・メタルメッシュ/ブラックパネル(インパネ、ドアトリム)

・ピアノブラック調加飾(ハザードスイッチ、前席センターエアベントグリル)

■エクステリア

・ブラックカラードドアミラー

・サイドクラッディング アウトバックオーナメント(イエローグリーン化)

・ブラックルーフレール

・17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)

最終更新:9/8(木) 14:34

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革