ここから本文です

フィアット、150台のみの日本限定モデル「500 ジェニオ」を発売

オートックワン 9月8日(木)15時34分配信

FCAジャパンは、フィアット「500(チンクエチェント)」に日本向けに特別にデザインされた「Genio(ジェニオ)」を設定し、150台限定で9月17日(土)より販売開始する。価格は2,717,280円(消費税込)。

このニュースのフォトギャラリー

「500 ジェニオ」は、FCAのデザイン部門「チェントロスティーレ」が日本のためだけにデザインした特別な限定モデルである。「日本イタリア国交150周年」にあたる本年を記念するモデルでもある。

ベースモデルは「500 ツインエアラウンジ」。ボディカラーはメタリックグレー、インテリアは通常のアイボリーではなく限定モデルならではのブラックを基調に、専用のポルトローナ・フラウ製のレザーシートを設定した。

ダッシュボード、Bピラーおよびキーケースには、現行「500」のデザイナーであるロベルト・ジョリート氏が黒板に描いたラフスケッチが採用されている。また、ミラーカバーはクローム、ホイールは限定車専用の16インチアロイホイールで、センターキャップには円周率が施されている。

最終更新:9月8日(木)15時34分

オートックワン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。