ここから本文です

「午後の紅茶」に県産ミカン 13日から限定発売

愛媛新聞ONLINE 9月8日(木)14時51分配信

 キリンビバレッジ(東京)は13日から、愛媛産温州ミカンの果汁を使った「午後の紅茶 こだわり素材の瀬戸内柑橘(かんきつ)ティー」を11月末までの期間限定で全国発売する。
 新商品は、カフェインとカロリーをゼロにした「午後の紅茶 こだわり素材」シリーズ。県産温州ミカンの豊かな甘みに、広島県産レモンのまろやかな酸味を合わせて、すっきりとした後味に仕上げたという。
 7日にキリンビバレッジ四国支社の竹田光昭支社長らが県庁を訪れ、中村時広知事に商品概要などをPR。試飲した中村知事は「香りがいい。飲みやすくておいしい」と感想を述べた。竹田支社長は「愛媛のミカンをより一層有名にさせたい。愛媛県産の素材で第2、第3弾の商品が出せれば」とさらなる地域密着に意欲をみせた。
 商品は500ミリリットル入りペットボトルで、希望小売価格は140円(税別)。全国のコンビニやスーパーなどで販売される。

愛媛新聞社

最終更新:9月8日(木)14時51分

愛媛新聞ONLINE