ここから本文です

NY金:反落、「利益確定」との指摘も-ETF通じた保有量は増加

Bloomberg 9月8日(木)4時4分配信

7日のニューヨーク金先物相場は反落。ブルームバーグのデータによれば、金連動型上場投資信託(ETF)を通じた金保有量は今週に入って最初の2日間に13.8トン増と、増加幅は8月全体の13.7トンを上回った。先物の未決済建玉(オープン・インタレスト)は6週間ぶりの高水準となった。

RBCウェルス・マネジメントのマネジングディレクター、ジョージ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「価格の改善とともにオープン・インタレストが増えており、市場に投資資金が戻ってきていることを示している」と指摘。米雇用統計が市場予想を下回ったことを受けて、「早期の米利上げへの警戒は2日に消えてしまった」とし、「これまで急速に上昇したことで、きょうは利益確定の動きが出ている」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.4%安の1オンス=1349.20ドルで終了。一時は1357.60ドルと、中心限月としては8月19日以来の高値をつけた。銀先物も下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも値下がりした。

原題:Investors Pile Into Gold ETFs on Dimming Outlook for Rate Hike(抜粋)

Luzi-Ann Javier

最終更新:9月8日(木)4時4分

Bloomberg