ここから本文です

ゴールドマン、9月の米利上げ確率を40%に再び引き下げ

Bloomberg 9月8日(木)4時59分配信

米ゴールドマン・サックス・グループは7日、最新の低調な経済データを受け、1週間足らず前にいったん引き上げた9月の米利上げ確率を引き下げて、元の数字に戻した。債券トレーダーらは約3週間ぶりの低い確率を織り込んでいる。

ゴールドマンは2日、8月の米雇用統計の発表を受けて9月の米利上げ確率を55%と、それまでの40%から上方修正。その後、米供給管理協会(ISM)が6日に発表した8月の非製造業総合景況指数が約6年ぶりの低水準を記録したことなどから、再び40%に見直した。

ゴールドマンのチーフエコノミスト、ジャン・ハッチウス氏は顧客向けのリポートで同指数に関し、「データがやや弱めで、残された時間も少なくなりつつあるため、年内1回の利上げは現時点で若干、確実性が後退したと見受けられる」と指摘した。

ハッチウス氏はその上で、「これは一つの指標にすぎないが、意味のあるサプライズだし、一部の米金融当局者はもともと9月利上げに乗り気でなかったかもしれない」と説明。さらに、6日に講演したサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が「連邦公開市場委員会(FOMC)に今月、行動する用意があるかどうか新たな手掛かりを示さなかった」ことにも言及した。

原題:Goldman Reverses September Shift as Bond Traders Pare Fed Wagers、Goldman Drops Odds of Sept. 21 Fed Hike Back to 40%(抜粋)

Rebecca Spalding

最終更新:9月8日(木)15時4分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]