ここから本文です

米アップル、ツイッターで発表前に新型「iPhone」情報漏らす

Bloomberg 9月8日(木)11時9分配信

もう少しオープンになろうと初めてツイッターに公式アカウントを開設したばかりの米アップルだったが、全くの逆効果を招いた。

超秘密主義で知られるアップルは、同社にとって今年最大のニュースをツイッターを通じて自らリークしてしまった。アップルがサンフランシスコで開いた年次イベントで同社幹部が登壇し新しい「iPhone(アイフォーン)」を発表する約45分前、その新型アイフォーンの映像をツイッターに投稿したのだ。新たな防水機能を紹介したこの映像は削除されたが、削除前のツイッター利用者によるシェアは1500回に及んだ。

公式アカウントはまた、新型アイフォーンが2つのカメラやステレオスピーカーを備え、バッテリーが長持ちするようになったなどと説明、予約注文を呼び掛けた。別の投稿では、発売日が16日だと公表。こうした全ての投稿は、10分ほどで削除されたが、メディア各社がこの情報を基に記事を書くのには十分な時間だった。

アップルがアイフォーンのプロモーションを狙い、ツイッターに公式アカウントを設けたのはわずか5日前。アップルはコメント要請に対し今のところ返答していない。だがツイッター利用者による投稿は一つのコンセンサスに達している。恐らく誰かが辞めさせられるということだ。

原題:Apple Accidentally Leaks its Own iPhone News on Twitter(抜粋)

Sarah Frier

最終更新:9月8日(木)11時9分

Bloomberg