ここから本文です

ヘッジファンドの運用成績が2100%に-中国先物市場の投機の波に乗る

Bloomberg 9月8日(木)13時55分配信

多くのプロの投資家がボラティリティ(変動性)を好機に変える自らの才能を売り込みたがる。王兵氏ほどその才能を約束通り発揮できる人物はめったにいない。

中国人商品先物トレーダーの王兵氏(37)は今年、先物市場で投機熱が高まる中、絶好のタイミングとレバレッジ力の強さで、ボラティリティの高い市場でのみ可能なリターンを実現した。王氏によれば、自身が運用するグリ・トレンド・アグレッシブ・ストラテジー・ファンドの今年の運用成績はプラス750%となり、昨年3月の設定以降ではプラス2100%となっている。

こうしたリターンはいかなる市場環境でも際立つが、世界のヘッジファンドが軟調なパフォーマンスと顧客による資金引き揚げで打撃を受けている局面では、なおさら注目に値する。王氏は以前、鉄鉱石の輸入業を手掛けていた。競合企業がコンピューター主導の戦略で優位に立とうとする中、王氏は自身の取引手法について、主に昔ながらの需給分析に基づいていると語る。その戦略で王氏が中国の先物市場で息の長いスターになるのか、短期間だけ目立った人物に終わるのかは時がたたなければ分からない。

王氏は「価格が大幅に変動する中、大きな利益を上げる機会は常にある。ただ、もし間違っていれば大きな損失を出すことになる」と述べた。中国国内のヘッジファンドのリターンを集計している深圳私募排排網によれば、同氏のファンドの今年のリターンは中国のファンドで最高。

中国の商品市場の変動がこれほど極端だったことはほとんどない。今年は2カ月間に中国の先物市場の1日当たりの取引高が3倍余りに増加し2610億ドル(約26兆5400億円)相当に達した。 この額はアイルランドの国内総生産(GDP)を上回る。商品市場では、4月にピークに達したブームの間に少なくとも5品目が50%余り値上がりした。

原題:Hedge Fund Makes 2,100% From World’s Most Extreme Market Mania(抜粋)

Gary Gao

最終更新:9月8日(木)13時55分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]