ここから本文です

原油1バレル=50ドル割れへのサウジの対応、株価に影響-チャート

Bloomberg 9月8日(木)14時54分配信

株式投資家は、原油価格の日々の変動よりも、世界最大の原油輸出国であるサウジアラビアが1バレル=50ドルを下回る原油価格水準の下で財政をどうやりくりしているかの方に関心があると、NBADセキュリティーズの調査担当シニアアナリスト、シブ・プラカシュ氏は今週電子メールで送付した文書で指摘した。原油価格は今年に入ってほぼ30%上昇しているが、サウジが総額200億ドル(約2兆円)超規模のプロジェクトを中止する可能性がある中、同国のタダウル全株指数は10%低下している。サウジは原油以外の収入を増やす一方、投資を削減することを目指している。サウジの財政赤字は主要経済国20カ国のうち最大。

原題:It’s How Saudis Cope With Oil Below $50 That Spurs Stocks: Chart(抜粋)

Filipe Pacheco

最終更新:9月8日(木)14時54分

Bloomberg