ここから本文です

米シティ、日本株デリバティブ担当者など3人が退社-関係者

Bloomberg 9月8日(木)15時3分配信

米銀シティグループでアジアのデリバティブ(金融派生商品)事業に携わっていたバンカー3人が先月退社した。事情に詳しい関係者の話などで分かった。

アジア転換社債トレーディング責任者だったキム・ウォン氏は、8月19日に退社したと述べた。また、関係者が匿名を条件に述べたところによると、マネジングディレクターでエキゾチック商品トレーディング責任者だったドゥアンム・ゼンユ氏と日本株デリバティブのトレーダーだったプリシラ・チュン氏も退社した。

ゼンユ氏は電話取材に対しコメントを控えた。チュン氏のシティのアドレスへの電子メールには送信不能メッセージが返ってきた。シティの広報担当、ゴッドウィン・チェラム氏(香港在勤)はコメントを控えた。

原題:Three Citigroup Asia Equity Derivatives Bankers Said to Leave(抜粋)

Viren Vaghela

最終更新:9月8日(木)15時3分

Bloomberg