ここから本文です

アップル、日本でもApple Pay--Suica・耐水対応の「iPhone 7/7 Plus」、9月9日から予約開始

CNET Japan 9月8日(木)6時32分配信

 Appleは9月7日(米国時間)にサンフランシスコでApple Special Eventを開催し、新たなiPhoneシリーズとして「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表した。

 合わせて、国内でも予約は9月9日午後4時1分から開始し、9月16日に発売することを明らかにした。販売キャリアはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社で、追って各社から予約方法やキャンペーンなどの詳細が発表されるだろう。

 SIMフリーモデルの価格はいずれも税別で、32Gバイトが7万2800円、128Gバイトが8万3800円、256Gバイトが9万4800円。前モデルのiPhone 6sは発売当初、16Gバイトが8万6800円、64Gバイトが9万8000円、128Gバイトが11万800円だったことを考えると、現在の為替を反映してか価格は大幅に下がっている。iPhone 7 Plusは、32Gバイトが8万5800円、128Gバイトが9万6800円、256Gバイトが10万7800円となっている。

 話題となっていた光沢のある新色「ジェットブラック」が登場し、これまで「スペースグレイ」としてラインアップしてきたつや消しのカラーは「ブラック」に変わった。従来の「ゴールド」「シルバー」「ローズゴールド」と合わせて計5色展開となる。ジェットブラックは、128Gバイトと256Gバイトモデルのみを販売する。なお、新製品の登場に伴い、iPhone 6/6 Plusの16Gバイトモデルはラインアップから外れ、32Gバイトと128Gバイトのみになる模様だ。価格もiPhone 6sが6万1800円~、iPhone 6s Plusは7万2800円~と値下げされている。

 iPhone 7/iPhone 7 Plusは新たにIP67の耐水・防塵性能を備える。また、日本ではFeliCaチップの搭載により、長らく待たれていた「Suica」が使えるApple Payに対応。さらにアメリカンエキスプレス、マスターカード、JCBカード、auやソフトバンク、ドコモのdカードなども対応し、交通機関や店舗にてiPhone7/7 PlusまたはApple Watch Series 2をかざして決済できるようになる。ただし、Apple Payがサポートされるのは、日本で発売されるiPhone7/7 PlusおよびApple Watch Series 2のみとなる。

 スペックは、新たに広色域に対応した3D Touch搭載 Retina HDディスプレイを搭載するほか、A10 Fusionチップ組み込み型M10モーションプロセッサを搭載。いずれもF1.8、1200万画素の明るいカメラを搭載。iPhone 7 Plusは広角カメラと望遠カメラの2つを搭載し、2倍光学ズームでシャープなクローズアップの写真とビデオを撮れるようになった。デジタルズームを使えば、写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のズームで撮影できるようになる。また、ホームボタンは耐久性が高く、圧力を感知するように設計されたものになっている。

 うわさどおり、3.5mmのイヤホンジャックを廃止。付属のヘッドホンはLightningコネクタがついた「EarPods」に変わった。これまでのヘッドホンが楽しめるよう、Lightningに差し込む「3.5mmヘッドホンジャックアダプタ」も同梱される。

 Appleは、10月下旬にも新たなワイヤレスヘッドホン「AirPods」を発売する。価格は1万6800円(税別)。専用に設計された「W1」チップを搭載。耳に装着したことを感知し、自動的にオンになって接続されるほか、耳から離すと一時停止する。さらにはダブルタップするとパーソナルアシスタント「Siri」を起動できる。1回の充電で5時間の再生が可能。24時間以上聞き続けられるよう、複数回充電できる充電ケースが付属。15分充電すると3時間再生できるようになるという。またSiriに「AirPodsのバッテリはどのくらい?」と聞けば、残量を教えてくれる機能も持つ。

最終更新:9月8日(木)10時17分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]