ここから本文です

ポケモンGO、「Apple Watch」でもプレイ可能に

CNET Japan 9月8日(木)7時58分配信

 「iPhone」にマリオのアプリが提供されるだけではない。「Apple Watch」にも2016年末までに大ヒットモバイルゲーム「Pokemon GO」が登場する予定だ。

 ポケモン探しの習慣がまだ十分なカロリー消費につながっていないと感じているユーザーに対し、Apple Watch版によってその問題が解消されるとAppleとゲーム開発元のNianticは期待している。

 ポケモン探しの最中にスマートフォンをポケットに入れたままにできるだけでなく、歩数や消費カロリーがリアルタイムに記録されるので、Pokemon GOを毎日のエクササイズに組み入れることができる。

 Pokemon GOでエクササイズするつもりはないという場合でも、Apple Watchのコンパニオンアプリは重宝する可能性がある。ポケストップに近づいたときに腕をタップすれば、近くにいるポケモンが表示され、メダルを獲得したときやタマゴが孵化した時には通知してくれる。

 (通常は、スマートフォンを手に持って画面上にゲームを起動した状態にしておかなければ、これらの操作はできない)

 「Pokemon GOをApple Watch上で起動しておけば、ポケストップを見落とすことはなくなる」とゲーム開発元Nianticの最高経営責任者(CEO)で創設者のJohn Hanke氏は述べた。

 つまり、任天堂が35ドルで提供する予定のアクセサリ製品「Pokemon GO Plus」とほぼ同じ役割を果たすことになる。画面があるのでそれよりもはるかに便利かもしれない。

 Hanke氏によると、Pokemon GOの「iOS」上でのダウンロード件数は既に5億件を超えており、プレーヤーによるプレイ中の総歩行距離は46億kmに達しているという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月8日(木)7時58分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]