ここから本文です

はてなとソニー、ガジェットのニュースや意見が集まる「家電会議」を公開

CNET Japan 9月8日(木)18時52分配信

 はてなは9月8日、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」と、ソニーのニュースアプリ「ニューススイート(News Suite)」の共同事業であるコミュニティ型キュレーションサービス「家電会議 by News Suite and Hatena Bookmark」を公開した。

 現状、検索サイトなどで気になる家電やガジェットの情報を調べると、検索結果の上位にECサイトのリンクが表示されることも多い。そこで、家電やガジェットにフォーカスした話題のニュースやブログ記事を、家電ファンに向けて提供するサービスとして、家電会議を立ち上げたという。

 家電会議は、ソニーのニューススイートチームと、はてなブックマークの開発チームが共同で企画開発しているという。「カメラ」「オーディオ」「スマホ・パソコン」「生活家電」「ガジェット」「映像機器」の6カテゴリの中から、家電に関する最新ニュースやレビューを簡単に見つけられることが特徴だ。

 ユーザーは、家電やガジェット、話題のスマホなどに関する記事を中心に「投票(ブックマーク)」したり、コメントしたりできる。はてなブックマークとデータを共有しているため、家電会議で話題になった記事が、はてなブックマークでも話題になる可能性もあるという。

 投票された記事本文に特定のプロダクト名が含まれる場合には、「プロダクトページ」が作成される。ここでは、そのプロダクトに関する記事、コメント、画像が集まるため、1つのプロダクトをさまざまな角度で知ることができる。これから買おうか悩んでいるカメラやガジェットなどに投票することで、購入前の情報収集に役立てられるという。現時点で2万4485件のプロダクトページが作成されているそうだ。

 そのほか、はてなブックマークが持つ数億記事のデータベースから、家電に関する記事に絞って検索できる「家電検索はてなbeta」や、記事に投票すると、自動で気になる商品がマイページに集まる「家電コレクションbeta」などの機能を提供する。

 今後は、ECやリアル店舗との協業、各種メーカーとの連携やタイアップなどを通じて情報の幅を広げる。また、ソニーのニューススイートは、Xperiaスマートフォンにプリインストールされ、世界で4500万ユーザーに利用されている。このグローバルな事業ネットワークを活用し、海外へのサービス展開も検討するとしている。

最終更新:9月8日(木)18時52分

CNET Japan