ここから本文です

エルヴィス・プレスリー、オーケストラとの共演アルバム第2弾のリリースが決定

CDジャーナル 9月9日(金)17時11分配信

 エルヴィス・プレスリーとロイヤル・フィルの夢の共演アルバム第2弾、『ワンダー・オブ・ユー: エルヴィス・プレスリー・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』のリリースが決定しました。海外では10月21日(水)、国内盤は10月26日(月)に発売されます。

 エルヴィス・プレスリーの生前の歌声と、新たに録音したオーケストラの壮大な音楽を合体させたこの企画の第1弾で、昨年発売された『イフ・アイ・キャン・ドリーム: エルヴィス・プレスリー・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』は全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得。世界で150万枚をセールスする大ヒットとなっています。

 前作同様、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオでドン・リードマンとニック・パトリックをプロデューサーに迎えて制作されたアルバムは、ロックからゴスペル、カントリーやバラードに至るまで、エルヴィスが受け容れたさまざまな音楽のスタイルを網羅し、エルヴィスの名曲に加え、いくつかのサプライズも用意されています。オフィシャル・サイト(www.elvisthemusic.com)で公開されている「恋の大穴」の艶かしい新しいヴァージョン、壮麗な「アメイジング・グレイス」、感情のこもった「雨のケンタッキー」、「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」の見事な新しいテイク、そして楽しく陽気な「君に夢中さ」などが今回のハイライトと言えそうです。

 アルバムは、ジュエルケース版CDのほか、見開きジャケット入り150gLP2枚組、デジタル・フォーマットでもリリース。さらに12月2日には、2曲が追加されたCD、見開きジャケット入り150gLP2枚組、ポスター、12ページのブックレットが収められたデラックス・ヴァージョンの発売も予定されています(国内盤はジュエルケース版CDのみ)。

 また、11月にはスクリーンに映し出されたエルヴィスと、ステージのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団がアルバムの楽曲を披露する6日間にわたるコンサートを英国で行ないます。

最終更新:9月9日(金)17時11分

CDジャーナル