ここから本文です

ダニエル・ディ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソンが再びコラボ

ぴあ映画生活 9/9(金) 11:49配信

ダニエル・ディ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソン監督が、再び組むことになった。1950年代のロンドンのファッション界を描くもので、脚本はアンダーソンが書き下ろしたという。

その他の情報

それ以外の内容はわかっておらず、タイトルも決まっていない。撮影は来年の早い時期に始まる予定だ。

ふたりが組むのは、2007年の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』以来。ディ=ルイスは、今作で、オスカー主演男優賞を受賞した。1989年の『マイ・レフト・フット』でも受賞しており、これは2度目の受賞。2012年には『リンカーン』で三たび受賞している。

アンダーソンの最新作は2014年の『インファレント・ヴァイス』。15年にはドキュメンタリー『JUNUN』も監督している。

文:猿渡由紀

最終更新:9/9(金) 11:49

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]