ここから本文です

対策が進み不正送金の被害額が6億円以上減少、しかし個人は3億円の増加(警察庁)

ScanNetSecurity 9月9日(金)8時0分配信

警察庁は9月8日、平成28年上半期における「インターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等」について発表した。これによると、平成28年上半期の不正送金時半の発生件数は857件で、平成27年下半期の740件から117件増加した。しかし、被害額は約8億9,800万円と、前半期から6億3,200万円のマイナスと大幅に減少した。特に信用金庫の被害額が3億3,200万円の減少となっており、同庁では減少の主な要因としてウイルス感染端末の早期検知などの対策とみている。

他の写真を見る

都市銀行における被害額は約6億8,200万円で、法人口座では前半期から3億2,700万円の減少となった。ただし、個人口座の被害額は3億200万円増加している。個人口座の被害の約6割はワンタイムパスワードを利用していなかった。

(吉澤 亨史)

最終更新:9月9日(金)8時0分

ScanNetSecurity

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]