ここから本文です

業務を極限まで最適化!キャスタービズが考えるリモート×ボットの未来

アスキー 9月9日(金)7時0分配信

メールチェックや会食用の店の予約は、厳密に見ると何分かかるのか。「200人に1人」という倍率をくぐり抜けて採用された厳選された人材のログを使って行う新たなビジネスの仕組みとは。
 「CasterBiz(キャスタービズ)」というクラウドのアウトソーシングでアシスタント業務を行うBtoBのサービスがある。
 
 サービス内容は、スケジュール管理・調整、資料・フォーマット作成などの「秘書代行」、給与計算、社会保険手続き、社内マニュアル作成などの「人事アシスタント」、そして「経理事務」「営業事務」「Webサイト運用」など幅広い。
 
 人員が足りないときに正式な採用をせずとも、オンライン上に3名から5名の専用チームが待機しており、チャットやメッセンジャーなどのツールで指示をすれば上記の業務に敏速対応をするという頼もしいサービスだ。アシスタント業務を行うのは、「200人に1人」という倍率をくぐり抜けて採用された厳選された人材だという。
 
 このサービスを運営しているのは2014年9月に起業した株式会社キャスター。「人材アウトソーシング」「リモートワーク」というキーワードの先にある真の狙いは何か。キャスター代表取締役の中川祥太氏に話を聞いた。
 

クラウドソーシングで優秀な人材に業務を依頼するには
 キャスタービズでのクライアント契約は1カ月で実働30時間分の作業で10万円。多くの大手企業と月に数百時間分の契約を行っている、すでに「使われている」サービスだ。
 
 「現在は導入社数が100社を越えて伸び続けている。始まってから2年間ずっと使っていただいているクライアントも多い。当初は個人事業主などBtoC向けの展開だったが、徐々に法人中心になり、さらに中小企業から大企業に移ってきている」と中川氏は語る。
 
 実際の利用では、アシスタントは9時から18時まで待機していおり、その間にたとえば関係各所とのミーティングのセッティング依頼をすれば、その業務に30分を費やしたら月の契約時間から30分が消化されるという形態となる。チャットやメッセンジャーなど、クライアント企業で使っているツールを利用して指示を出せば、すぐに対応を開始。休みや辞職もないうえに採用コストもかからず、給与や仕事内容でのモメゴトもない。
 
 ルーチンワークの中から、いつ発生するかわからない波のあるような業務も依頼できる。まさに経営層にとっては理想的な「従業員」だろう。
 
 このアシスタント業務を支えるのは、「200人に1人」の倍率で採用された優秀な人材と伝えたが、どんな人たちなのだろうか。
 
 「全員がリモートワーカーで、9時から18時のフルタイムも多い。キャスターの契約社員やパートタイマーとして採用している。現在は約80名で、年内には100名を超える」(中川氏)
 
 働く側として見るキャスタービズは、在宅勤務にもかかわらず、給与は都心の水準と同じレベルで支払われるため人気が高い。リモートのため地方在住者も多く、求人媒体にキャスタービズの採用を掲載すると、タイミングによっては膨大な人数が集まってしまい採用側の手が回らなくなることもあった。現在は「採用情報は一番小さい広告枠に出す」(中川氏)ことにしているという。
 
 応募者に対しては、実技テストと面接を行ったうえで厳選して採用。試験内容もさることながら、重視しているのは必要な書類を提出したり、約束した時間にミーティングに出席したりするという「当たり前のことを普通にできる人」であることだ。これは、キャスタービズのサービスが”あくまでもクライアントのアシスタント業務”であるためだ。
 
 アシスタント業務をアウトソーシングで発注するのは、企業側にとっては「賭け」に近いものがある。発注する前に、どのくらいの実力があるのかを見極めなければならない。逆にいえば、一度その不安が安心に変われば、信頼感となって契約は続行される。
 
 キャスタービズは2時間ぶんを無料トライアルできるが、試したユーザーは無料で終わらず、多くが契約につながっているという。この背景には、中川氏が起業するに至った個人的な思いと経験がある。
 
 「前職では、クラウドソーシングに大量に発注する側の立場を経験したことがある。そのとき感じたのが、価格や手軽さなどのメリットに対して、納品されるクオリティはレベル1から100まで受注側が混ざっているため、発注時に見極めなければならないというデメリットがあった。これがクラウドソーシングの最大の問題点で、それなら最初からレベル100の人たちだけを使ったサービスを作れば、たとえ規模は小さくても品質が高いサービスを提供できるだろうと」(中川氏)
 
 もちろんこれだけでは規模は小さく、ビジネス的なスケールメリットも狙えない。ではスタートアップとしてのキャスターは、どのような未来を考えているのか。
 
優秀な人材+ボットの構想
 現在、レベル100に近い人材を集めた良質なサービスとしてクライアント企業を獲得し、キャスタービズの事業は順調に伸びている。だが、高倍率の採用競争を勝ち抜いた優秀な人材をクラウドソーシングで提供するサービス、というだけで話は終わらない。キャスタービズの本質はこの先にある。
 
 「サービスにおける優秀人材が表側なら、裏側で力を入れているのはbotの開発。表ではクライアントはメッセンジャーサービスとして『ChatWork』や『Slack』を使ってやり取りをするが、それらの情報は全部システムで統合されている。いま行っているのは、統合された仕事の内容をタスクごとにすべて個別にチケット化して、その内容を自動的に書き出して、クライアントごとのタスクとして振り分けている」(中川氏)
 
 社内システムとして、1日約300件のタスクが上から下に時系列に表記され、クライアントのタスクごとに「いま対応中です」などの進捗状況が一覧できる仕組みで、見積もりの時間と実際に要した時間、対応した作業者名などの詳細情報もタスクごとに確認できる。
 
 ルーチンワークは「ルーチンタスク」として設定すれば、同じライン上に表示される。チャットツールを通してこのような業務内容を自動的にタスク化する「オートbot」は、完成に向けていま一番力を入れて作りこんでいるところだ。
 
 これ以外にも、スケジュール管理調整ではタグ設定の自動化も行っているという。
 
業務タスクを「作業ごとのコンテナにする」システム
 さらにキャスターでは、クライアントのタスクを行うのに要する時間のデータが蓄積してある。たとえば、スケジュール管理調整にはこれまでの業務平均で何分かかるかわかっているため、「見込み時間30分」という「タスクでの仮想コンテナ」が設定できる。
 
 これらのコンテナすべてにタスクごとの最適なマニュアルを設定することで、これまで数値として扱えなかった業務の運用がよりシステマチックに改善できる。メールチェック、アポイント調整、会食のセッティングなど、いろいろな業務があるが、それぞれが何分で行えるのかコンテナ情報として把握していれば、業務のバランスを見て一部だけを外注する選択肢も増える。
 
 「ほとんどの人は、メールチェックや会食用の店の予約に何分かかるのか厳密には考えていない。その点で、データの実証から『メールチェックは平均15分かかる』と答えられたらそれ自体が価値になる。たとえばキャスタービズで『メールチェックは15分』と集合知として設定できれば、15分のタスクとして世の中に流通させられる。この『タスクのコンテナ』のような概念を設定して、システムに実装させて、より効率化を進めたいと思っている」(中川氏)
 
 チャットサービスで人間相手と思うような反応を行う「コミュニケーションbot」は多くの企業が手がけている。ただ、キャスタービズがやっているような実際のビジネスでのチャット内容と連携して業務内容を自動化するような「オートbot」は、ほとんど作られていない。
 
 ここがキャスタービズのスタートアップとしての目の付け所だ。
 
 キャスタービズに集まるタスクは、多くの一般企業で普遍的に行なわれている業務が多い。その細かい業務もすべてデータとして「コンテナ化」すれば、業務全体をより最適化できる。自社サービスが多くの企業の「仕事のログ」と結びついているキャスタービズだからこそできるオフィスのハックであり、利用クライアントの効率アップにも寄与する仕組みをキャスターとしては目指しているという。
 
人のインターフェイスとしての力
 「もし人工知能で応答するチャットbotの開発がより進んだとしたら、優秀な人材を集めて行っているキャスタービズの業務も機械化される可能性があるのでは」とたずねると、「人の仕事はなくならない」と中川氏は断言する。
 
 「なぜなら、人はインターフェイスとして圧倒的に優れている。作業の面では機械に比べると内容も速度も劣るが、リアルな人の価値はなかなかに高い。チャットのコミュニケーションであっても、人が話をしたいと思うのは人に対してだと考えている」(中川氏)
 
 実際、さまざまな「コミュニケーションbot」の開発が現在進んでおり、botによるチャットサービスも日々増えてきている。反応速度も人よりもbotの方が断然に速い。それでも、人はbotでは満足せずに、人とのコミュニケーションを求めるという。
 
 「たとえば、定期的に行っている相手との打合せをスケジュール管理するとき、人のアシスタントはいつもの打ち合わせということだけではなく、前後の散らばった情報なども加味したうえでセッティングが行える。現在のコミュニケーションだけに特化したAIではそうは行かない。人としてのインターフェイスとしての価値観はそこに尽きる。これはビジネス上の強み」(中川氏)
 
 キャスタービズでは、とくにコミュニケーション能力やマネジメント能力に長けているアシスタントスタッフはマネージャーという立場になり、クライアントとのフロントでのやり取りを専門的に担っている。人と人のコミュニケーションを決してないがしろにはしない。
 
稼働時間比率「1.0」を超えるイノベーションを起こしたい
 いま現在、中川氏が目の前にしている問題は、リモートワーカー1人の雇用で何時間分のクライアントを持てるのかという点だ。
 
 「キャスターでは『稼働時間比率』という言葉を使っている。1人をリモートで雇った場合、キャスターのために割く時間もあり担当クライアントのためだけに時間を消化するわけではない。つまり、稼働時間比率はだいたい0.8人分に下がってしまう。それを1.2人分に変えたい。どのようにシステムを使えば1の壁を越えられるのか。リモートワークは旧来必要だった移動時間などが削減されており、すでに有利な立場にあると思っている。かつて荷車1台の単位であった馬力という仕事量は、現在ではさまざまなイノベーションを経て、大きく変わっている。現在の”1人力”を2人力、3人力……そして最終的には250人力のような形に持っていくには、今のタイミングがベストだと思っている。せっかくスタートアップを始めたのだから、そのレベルのイノベーションを志向したい」(中川氏)
 
 単純作業のレベルなら、AIは人間を超える分野も多くなってきた。業務の中で人間の作業分野となっている側と、AIの分野の両方からアプローチして稼働時間比率1.2を目指していくという。
 
 ただ、このあとにキャスタービズの人材の稼働時間比率が1.2になる日が来たとしても、見た目にはわからない。表からは、仕事が的確で早いことから、優秀な人が雇われているのだろうとしか見えない。
 
 「リモートワーカーを活用している会社で、本気で生産性に踏み込んでいるところは気付くはず。現在のリモートワーカーの立場が低いのは、生産性が見えないから。だが理論的にはリアルよりもリモートの方が生産性は見えるはず」
 
目指すものはオフィスタスクの標準化
 現在のクラウドソーシングの一般的な仕組みでは「全体平均値を上げるメリットがない」と中川氏は語っていたが、システムによって業務自体の全体底上げを図る点がキャスタービズでのポイントだろう。
 
 人的リソースだけを追い求めていくと、結局のところスケールは難しい。どこまでいっても単純に人を増やすだけでは、仕組みとしてのメリットがない。求められる新たなシステムの一方、リモートワーク、オンラインワークだからこそ信用を重んじるというキャスタービズの今後の在り方が興味深い。
 
 キャスターは8月8日、大和企業投資株式会社を引受先とした総額1億円の資金調達を行ったばかり。この資金を投入して、オートbotによる最適化システム実現を推進している。だが中川氏はこのシステムを閉じたものにする気はない。
 
 「Googleでの検索エンジンのようなものとして、キャスタービズで使えるようになったら一般に公開する。そのシステムでオフィスタスクの標準化が行なわれるのなら、世の中の役に立つものとして出してみたい」(中川氏)
 
 ちなみにキャスター社はリモートワークを受注する企業だが、自社業務を行う社員はリモートだけでなく、オフィスに出社する旨を課しているという。
 
 「当初は社員全員をリモートワークで雇っていたが、そこについては失敗を経験してしまった。広報やエンジニアなどクリエイティビティが求められる担当者とは直接話をしながら、自分の思いを伝えて作り込むのが必要だ」と、中川氏は苦笑しながらリモートワークでの現在の限界を感じたと語った。
 
●株式会社キャスター
2014年9月設立。オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」のサービス運営を手掛ける。
2016年8月に大和企業投資株式会社を引受先とした第三者割当増資より、総額1億円の資金調達を実施。エンジニア・マーケティング担当者の採用を行い、マーケティングとオペレーション効率化システム開発に注力する。
契約、正社員数は2016年9月時点で30名。在宅社員は随時募集中。
 
 
CasterBiz(キャスタービズ)
文● 松本佳代子 聞き手・編集●北島幹雄/ASCII STARTUP 撮影●愛甲武司

最終更新:9月9日(金)7時0分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]