ここから本文です

【フォーミュラE】レース復帰のジャガー、タイトルスポンサーは『パナソニック』

TopNews 9月9日(金)11時52分配信

フォーミュラEの3rdシーズンからレースへ復帰するジャガーが、ジャガーコレクション・センターで行われた発表イベントにおいて、公式名称、将来のビジョン、タイトルスポンサー、ドライバー、マシンカラーリングを発表した。

■チーム公式名称とマシン名称

ジャガーは、パナソニックがタイトルスポンサーに決定したことにより、チーム公式名称を『パナソニック・ジャガー・レーシング』と発表した。また、ジャガー初のオール電動のマシン名称は、『I-TYPE 1』と呼ばれる。

■ブランド・コミットメント

ジャガーは、ブランド・コミットメントを「革新への戦い(Race To Innovate)」とし、その理由を、「次世代をインスパイアし、新しい電気のテクノロジーを開発するために、電気自動車の認識を変えることがミッションだ」としている。

■ドライバーラインナップ

ドライバーには、アダム・キャロル、ミッチ・エバンス、そしてリザーブドライバーにはホーピン・タンが発表された。

■パートナーシップ

エレクトロニクスをリードする企業パナソニックと、自動車テクノロジーの企業ジャガーレーシングがパートナーシップを組むことで、パフォーマンス環境での電気テクノロジーの限界を後押しすることになると述べている。

また、米自動車シート製造大手の『リア・コーポレーション』が公式チームパートナーとして参加することも発表した。

■ジャガー、レースへ復帰(1:18)
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/yWtEgn-uqjA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

最終更新:9月9日(金)11時52分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。