ここから本文です

いとうせいこう&みうらじゅんが雑談のみの新ラジオ番組「ターゲットは無限」

リアルライブ 9月9日(金)10時31分配信

 クリエイターで俳優のいとうせいこうと、イラストレーターのみうらじゅんが8日、都内でラジオ番組『いとうせいこう×みうらじゅん ザツダン!』(文化放送)の初回収録を行い、囲み取材に応じた。

 同番組は今年1月に放送された特番の好評を得て、ナイターオフ番組としてレギュラー化が決まった。台本もなく、ただひたすら2人が雑談を繰り広げるという番組内容で、いとうは「しゃべりたくてここに来ているのが、そのまま番組になっている」とコメント。その言葉を受け、みうらは「あまり(番組を)意識してしゃべらないようにしてる」と語った。

 番組のターゲット層に話が及ぶと、いとうは「自分たちの頭の中にいる相手は“無”みたいなものだから、お年寄りや子どもにもわかるようにしていますね」と説明。一方、みうらは「雑談は範囲が広いから、子どもも大人も嫌いじゃないと思う。だから、ターゲットは無限というか」と話した。

 また番組の方向性についていとうは、「話の内容が面白いから聴くっていう、ラジオの原点みたいなところを表現できたらいいですね。聴いてためになるし、騒がしくもない」とアピール。みうらは、番組のイメージは新幹線に乗った際の座席での無駄話と説明し、「本当はスタジオも動いてくれたら、風景も変わって話しやすいんだけどね」と発言し、笑いを誘う場面もあった。

 番組は、10月1日より放送をスタートする。(斎藤雅道)

 

最終更新:9月9日(金)12時10分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。