ここから本文です

税制改正、本格議論へ 配偶者控除・ビール系飲料など

朝日新聞デジタル 9月9日(金)5時30分配信 (有料記事)

 政府・与党が年末にまとめる2017年度の税制改正は、専業主婦世帯の優遇といった指摘もある所得税の「配偶者控除見直し」、お酒にかかる税のうち「ビール系飲料の税額統一」などが焦点になる。9日の政府税制調査会から、議論が本格化する。

 ■配偶者控除 夫婦控除に変更が軸
 所得税の改革で注目されているのは、配偶者控除の見直しだ。配偶者の年収が103万円以下の場合、課税所得から38万円を差し引くことができるしくみで、主に専業主婦家庭が優遇されていると指摘される。共働き世帯が増えている現状に合わず、女性の働き方や労働時間を制限しているとの批判もある。……本文:2,791文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月9日(金)5時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。