ここから本文です

ボーイングの16年8月納入59機、受注22機 767は米空軍から19機

Aviation Wire 9/9(金) 18:16配信

 ボーイングの2016年8月の引き渡しは59機(前年同月64機)、受注は22機(52機)だった。

 引き渡しの内訳は737が38機(前年同月38機)、747が2機(2機)、767が2機(1機)、777が7機(9機)、787が10機(14機)だった。

 787は10機中6機が787-9で、ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)は現地時間8月17日(日本時間18日)、50機目の787となる787-9の中距離国際線仕様機(登録番号JA882A)をシアトルで受領。機体前方にはボーイングとANAが共同でデザインした記念ロゴが描かれた。

 受注は737が3機(前年同月51機)、747が0機(0機)、767が19機(1機)、777が0機(0機)、787が0機(0機)だった。

 737はいずれも737-800で、匿名顧客2社から受注した。767はすべて米空軍からで、767-2Cを受注した。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/9(金) 18:16

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。