ここから本文です

メルセデス、3日間のワイドタイヤテストを完了 一人で約290周

TopNews 9月9日(金)14時52分配信

メルセデスAMGは、フランスのポールリカールで3日間行われた2017年向けのピレリワイドタイヤテストを終了した。

●セバスチャン・ベッテル、2017年用ワイドタイヤテストを完了

ピレリの2017年用タイヤテストは、8月にフェラーリとレッドブルがウェットタイヤをテスト、そして9月に入ってフェラーリとメルセデスAMGが初めてドライタイヤのミディアムコンパウンドをテストした。但し、これらは初期のプロトタイプで、まだ性能は大きく変わるという。

メルセデスAMGのテストドライバーは、パスカル・ウェーレイン(マノー)が担当。初日に134周、2日目に89周、最終日の3日目には63周を走行。合計で286周も一人で走った。

次回は9月21~22日、同じポールリカールでメルセデスAMGがウェットタイヤテストをする予定だ。

<a href="/2016/08/02/news/f1/144314.html">●【2017年ピレリタイヤ開発テスト】夏休み以降の開発スケジュール</a>

最終更新:9月9日(金)14時52分

TopNews