ここから本文です

ハチ刺されの悲劇 欧州の新鋭ピータースが欠場で連覇断念

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月9日(金)8時50分配信

欧州ツアーの「KLMオープン」(ザ・ダッチ、オランダ)に、前年覇者として出場を予定していた欧州の新鋭トーマス・ピータース(ベルギー)が、ハチに刺され、欠場を余儀なくされた。8日(木)の開幕直前に本人が「インフルエンザのようなアレルギー反応が出た」とインスタグラムで欠場理由を説明した。

【写真】過去にはハチに襲われて池にダイブした選手も

「不運なことに最悪のシナリオが起きてしまった…」と書き出す本人(Thomaspietersgolf)の投稿によると、ピータースは5日(月)、地元オランダのユースト・ラウテンとともにラウンドした際、ハチに刺されたという。

24歳のピータースは、8月の「リオデジャネイロ五輪」でメダルにあと一歩まで迫る4位に入って注目を集め、その翌週に大会連覇を狙った「チェコマスターズ」で2位、さらにそのまた翌週の「メイド・イン・デンマーク」で優勝を飾るなど、この1年でツアー3勝を挙げ、最も勢いに乗る欧州選手の一人。30日に開幕を控えた欧州選抜vs.米国選抜の対抗戦「ライダーカップ」でも、欧州選抜のダレン・クラーク主将がキャプテンズピックで指名し、欧州代表に初選出された。

大事を取ったピータースは「出場できなくて本当に申し訳ない。タイトル防衛は来年だ。今週は他の才能あふれる選手たち、特に3人のベルギー選手たちを応援してほしい」と、メッセージを締めくくっている。

最終更新:9月9日(金)8時53分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]