ここから本文です

〔大気不安定〕北海道地方で雷を伴う非常に激しい雨続くおそれ 土砂災害に厳重警戒を(9/9)

レスキューナウニュース 9月9日(金)4時45分配信

気象庁は9日04:37、「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号」を発表しました。秋田沖と三陸沖にある低気圧が発達しながら、きょう9日夜には北海道付近に、明日10日にはオホーツク海に進む見込みです。
北日本には暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定となっています。東北地方の大雨の峠は越えましたが、北海道地方では太平洋側東部を中心に、9日昼前から夕方にかけて、雷を伴い断続的に非常に激しい雨が降り、その後も10日明け方にかけて、雷を伴った激しい雨が降って、大雨となる見込みです。
これまでの大雨で、地盤が緩んでいるところや、増水している河川があります。土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒してください。今回の雨で土砂災害や洪水の危険度が再び高まるおそれがありますので、屋外での作業等には十分に注意してください。

◆用語解説「非常に激しい雨」
1時間50~80mmの雨、滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。土石流が起こりやすくなったり、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込むなど、多くの災害が発生するおそれが。

■今後の見通し
<大雨>
【予想1時間雨量】(~10日06:00/多い所)
・50mm  北海道(釧路・根室地方)
・40mm  北海道(網走、日高地方)
・30mm  北海道(宗谷、北見・紋別、十勝地方)

【予想24時間雨量】(~10日06:00/多い所)
・150mm  北海道(釧路・根室地方)
・120mm  北海道(網走地方)
・100mm  北海道(宗谷、北見・紋別、日高地方)

<強風>(9日、最大瞬間風速:陸上)
・30m/s  北海道太平洋側東部、オホーツク海側、日本海側北部
・25m/s  北海道太平洋側西部

<高波>(9日)
・5m   北海道太平洋側東部、東北太平洋側北部
・4m   北海道太平洋側西部、オホーツク海側、日本海側北部、東北太平洋側南部

■防災事項
・厳重警戒:土砂災害
・警戒  :低地の浸水、河川の増水やはん濫
・注意  :強風、落雷、突風、ひょう、高波や高潮

※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

■気象概況
【1時間雨量】
・岩手県  宮古     49.0mm(~9日02:22)
・岩手県  新町     45.5mm(~9日03:10)
・岩手県  山田     38.0mm(~9日03:04)
・岩手県  大槌     35.5mm(~9日01:23)
・岩手県  小本     34.0mm(~9日02:03)
・宮城県  気仙沼    33.5mm(~9日02:18)

【3時間雨量】
・岩手県  宮古    113.5mm(~9日02:30)<9月1位>
・岩手県  大槌     80.5mm(~9日03:20)
・岩手県  小本     78.5mm(~9日02:30)
・岩手県  山田     61.0mm(~9日00:40)
・岩手県  陸前高田   59.5mm(~9日02:30)
・岩手県  新町     59.5mm(~9日03:20)
・岩手県  住田     58.5mm(~9日02:00)
・北海道  木古内    56.5mm(~9日01:00)
・北海道  知内     55.5mm(~9日00:50)<9月1位>

【24時間雨量】
・岩手県  宮古    193.0mm(~9日05:20)
・静岡県  梅ケ島   178.0mm(~9日00:10)
・岩手県  山田    165.5mm(~9日05:20)
・岩手県  大槌    156.0mm(~9日05:20)
・岩手県  新町    155.0mm(~9日05:20)

【日最大瞬間風速】
・北海道  えりも岬  29.9m/s 北東 (9日04:25)
・北海道  宗谷岬   21.9m/s 東  (9日04:09)
・北海道  松前    20.7m/s 東北東(9日01:09)

レスキューナウ

最終更新:9月9日(金)6時0分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。