ここから本文です

<速報>巨人4連勝で広島のV阻止!V決定は明日、明後日の直接対決へ

THE PAGE 9月9日(金)21時8分配信

 ヤクルトー巨人戦が9日、神宮球場で行われ、巨人が3本塁打を浴びせる一発攻勢で主導権を握り、投げては元広島の大竹寛(33)が丁寧に低めにボールを集めて7回を1失点に抑え5-2で4連勝。広島のマジックは「1」で巨人が負ければ、この日試合のなかった広島の優勝が決定するところだった。
 明日10日からは、東京ドームで巨人ー広島の直接対決の2連戦。広島が勝つか引き分けで25年ぶりの優勝が決まる。先発は広島が黒田、巨人がマイコラス。

 巨人の意地だった。デイビーズの立ち上がりに1番の長野が襲いかかる。その初球をセンター左に飛び込む先頭打者アーチ。さらに2人のランナーを置いて今度は、村田が3ラン。先制攻撃で先発の大竹に4点をプレゼントした。4回には一死からヤクルトの2番手、中澤の変化球をとらえて亀井も一発。

 何の因果か、2013年のオフにFAで広島から移籍してきた大竹が先発マウンドに立った。3回に代打の比屋根にライト前ヒットを許し、一死となってから川端にエンドランを決められ、さらに山田に四球を与えて一死満塁のピンチ。しかし、バレンティンをピッチャーゴロに打ち取りホームゲッツー。きっちりと低めにボールを集めて切り抜けた。

 6回には、二死からバレンティンに、今度は変化球を逆方向のライトスタンドへ運ばれ1点を失ったが、7回をこの1失点だけに抑えて、6勝目の権利を持ったまま、8回はマシソンへリレー。最後は、澤村が4連投のマウンド。山田は抑えたが、バレンティンに2打席連続となる28号ソロを浴びて3点差となった。続く雄平にも二塁打を許したが、後続を断ち4連勝で広島の優勝を阻止した。

試合後、ヒーローインタビューに指名された大竹は、「前の2試合の先発が不甲斐ない試合だったので、なんとしても勝ちたいと思ってマウンドに上がりました。(初回の4点は)心強かったが、自分のやることをしっかりやろうと。1イニング、1イニング、必死でした。明日から広島戦? こうやって勝ちでつなげたことはよかったと思います」と、汗をぬぐいながら笑顔で振り返った。
   

最終更新:9月9日(金)21時32分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]