ここから本文です

高梨臨、小栗旬主演Huluオリジナルドラマ「代償」で主人公の婚約者に

映画.com 9月9日(金)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 女優の高梨臨が、小栗旬主演のHuluオリジナルドラマ「代償」で主人公の婚約者・白石真琴役を演じることが発表された。

【フォトギャラリー】高梨臨、その他の写真はこちら

 Huluオリジナルドラマとして初めて日米同時配信される本作は、伊岡瞬氏の同名小説をドラマ化するクライムサスペンス。将来を嘱望されている弁護士の奥山圭輔(小栗)のもとに、強盗殺人事件の容疑者となった旧友・安藤達也の弁護依頼が舞い込む。実はサイコパスだった達也の手で不幸のどん底へと追い詰められた過去を持つ圭輔は、どんな代償を払ってでも達也を阻止すべく立ち上がる。

 地上波のドラマでは放送が困難な虐待や人格否定といった過激な内容が含まれる予定だが、ヒロイン役で出演する高梨は同サービスの手がけたオリジナルドラマ「フジコ」が「衝撃的な内容と表現方法だった」といい、「この『代償』の世界観をHuluでやったら、すごく面白くなるのではないかと思いました」と語る。「残酷でもありますが、その中でそれぞれの人物の愛も感じられる話になっていると思います」と作品の魅力をアピールした。

 映画、ドラマでの活躍が続く高梨が演じる真琴は、父の法律事務所に勤める弁護士で、職場のエースである圭輔の婚約者だ。高梨は役どころを「真琴は恋人の圭輔と、サイコパスの達也の間に巻き込まれて、崩れかけたり、不安になったりします。ですが、彼女は芯が強く、しっかりした女性」と説明し、「そんな状況にも向き合う強さを演じたい」と意欲をみなぎらせる。主演の小栗が周囲と事前にコミュニケーションをとっていたため、「不安もなく作品に入れました。小栗さん自身が役に入り込まれていたので、私も迷わず作品に飛び込んでいけました」と振り返った。

 一見すると好青年だが、天才的な教唆犯である達也役を高橋務が演じるほか、淵上泰史、柳英里紗、柳俊太郎、片岡礼子、堀部圭亮、平田満、石橋凌らが共演。全6話で、今秋配信開始予定だ。

最終更新:9月9日(金)6時0分

映画.com