ここから本文です

両さん、18歳は1人前ですか? こち亀の土手で考えた「大人の条件」

withnews 9/10(土) 7:00配信

 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わることを知り、葛飾を流れる中川で会った18歳の少年をふと思い出した。土手に立つ荒井修哉さん(18)。この日、人生で初めての投票を終えたところを撮影した。夏の参院選での注目は、新たに選挙権を得た若者たちだった。いまの18、19歳の姿から、この国の未来が見えてこないだろうか――。取材班のひとりとして、期日前投票所の区役所で彼らを待った。

【画像】「初体験は18の夏がいい」和歌山のドキッとするポスターの狙い

足元はピンクのサンダル

 初日は空振りかと焦り始めた午後4時ごろ。荒井さんはやってきた。白いシャツに黒いズボンは制服? 足元はピンクのサンダルでよく見るとスウェットパンツだ。

 浪人生、18歳。用意していた質問に、言葉を探しながら答える荒井さん。政治用語を挟んだ淡々としたやりとりが続く。

 政治に関心のある「意識高い系浪人生」の話は聞けたけど、少し不満だった。もうちょっと距離を縮めたかった。

 自宅に帰るという道を、一緒に歩くことにした。

 その間、荒井さんが政治家志望で、いつか取材を受ける日のつもりで話したのだと教えてくれた。私は政治部の記者だと思われていた。

ゆるんだ空気も写真に

 高校時代は野球部で、主力選手じゃなかったという。私は、学生時代はサッカーに明け暮れ、政治にあまり関心がなかったことを打ち明けた。とりとめのない話が始まる頃には、一回りも年下の荒井さんの素顔が少し見えた気がした。

 中川の土手に出ると、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のアニメのテーマソングが頭に浮かんだ。「中川に浮かぶ 夕陽をめがけて~」。日の傾きかけた、ゆるんだ空気と荒井さんを写した。

家族からNGが出たことも

 3日間で取材できたのは6人。「親の言うとおりに投票した」と話す体育大生もいれば、「一票で何か変わるとは思わないけど、みんながそう思ったらまずいから」と語る専門学校生もいた。

 留学して国際関係を学ぶという人、定時制の高校に通う人。そこには、6人それぞれの境遇があり、思いがあり、表情があった。触れ合った時間はまちまちだが、まっすぐな18、19歳の姿は、30歳の私の胸に刺さるものがあった。

 企画では、3日間、4人のカメラマンが都内4カ所の投票所に、朝8時半から夜8時まで立ち続けた。それらしい若者が投票所から出てくると、すぐさま声をかける。

 もちろん断られることもあり、話は聞かせてもらえたものの、名前を聞こうとしたところで、一緒に来ていた家族からNGが出たこともあった。自分の考えや意見を表明し投じる権利を得て、「大人の階段」を一歩上った一方で、親や周囲との関係ではまだ子どもと思われていたり。

「1人前」って何だろうか。18、19歳という年齢の難しさを感じた。

いい意味で裏切られた心配

 いきなり出会ったカメラマンを名乗る人間に、名前を聞かれ、写真を撮られる経験は、普通の人にとっては珍しい経験だろう。若者であればなおさら警戒されて、1人も取材できないのでは、という私の心配は、いい意味で裏切られた。

 時間の限られるなか、1人ひとりと100パーセント全力で向き合えたわけではない。だがそれでも、投票に来た若者の姿や思い、その場の空気感を少しでもリアルに伝えたかった。探り探りシャッターを切った。

最終更新:9/10(土) 7:00

withnews

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。