ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「金持」

ITmedia LifeStyle 9/9(金) 6:10配信

 所在地は鳥取県日野郡日野町。なんとも縁起のいい名前の地域です。見るからにお金持ちが多く住んでいるかと思わせる地名の金持。そのまま「かねもち」と読みそうですが、正しくは「かもち」と読みます。

【正解はこう読みます】

 やはり有名な場所として金運、開運のパワースポットといわれている、金持神社(かもちじんじゃ)があります。宝くじの時期には参拝者が増えるほど、金運UPとして有名だそうです。使わなくなった財布の供養もしてくれるようです。境内には樹齢600年を超えるサワラとチャンチンの木があり、パワースポットとしても人気。「棚からぼた餅」という縁起のいいぼた餅も販売中です。宝くじを持って出掛けてみるのもいいですね!

最終更新:9/9(金) 6:10

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。