ここから本文です

中山美穂、こっそり台湾訪問 「ラブレター」デジタルリマスター版上映

中央社フォーカス台湾 9/9(金) 13:21配信

(台北 9日 中央社)女優の中山美穂がこのほど、台湾をお忍びで訪問していたことが分かった。台湾では9日から、中山が21年前に主演した日本映画「Love Letter」のデジタルリマスター版が公開になる。中山は8日、写真共有SNS「インスタグラム」に同作の看板の前でポーズをとった写真を投稿した。

日本で1995年に公開された同作は岩井俊二監督の長編デビュー作で、中山のほか豊川悦司、酒井美紀、柏原崇などが出演。台湾では「情書」のタイトルで1996年に上映され、興行収入3000万台湾元(現在のレートで約9800万円)のヒットを記録した。

中山は看板と写った写真を2枚公開。1枚は看板の中の自分を真似して空を見上げたポーズをとり、もう1枚は後ろ姿を見せている。

写真には「私の女神がなんと台湾にやって来た。ようこそ」「いまだにこんなに美しいなんて」など訪台を喜ぶコメントが寄せられている。

(王靖怡/編集:名切千絵)

最終更新:9/9(金) 13:21

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]