ここから本文です

ヤマトHDが関東・中部地域間の当日配達を実現へ。「中部ゲートウェイ」を竣工

ネットショップ担当者フォーラム 9/9(金) 13:01配信

ヤマトホールディングスは9月8日、多機能型総合物流ターミナル「中部ゲートウェイ(GW)」を竣工した。稼働は10月1日。

羽田クロノゲート・厚木ゲートウェイ(厚木GW)・中部GW間での多頻度幹線輸送が可能になり、関東・中部間の宅急便の当日配達を実現。2017年秋には現在建設中の関西ゲートウェイを稼働させ、東名阪での宅急便の当日配送をめざす。

中部GWは新東名高速道路豊田南ICに近く、名古屋港まで約30分、中部国際空港セントレアまで約45分という立地でスピード輸送に対応。

敷地面積3.7万平方メートル、6階建て、延床面積6.5万平方メートルの建物内に、グループ会社6社が入居。24時間稼働の最新マテハン設備、航空便やJITボックスチャーター便などとも連携し、企業物流のスピード輸送に対応する。

ヤマトホールディングスは「より早く、より高品質に、かつ低コストで」という企業ニーズに対応する一方、労働力不足という課題にも対応するため、2013年に物流の最適化をめざす「バリュー・ネットワーキング」構想を立ち上げた。

「バリュー・ネットワーキング」構想の中核として、日本の地理的中心に位置する中部地域のゲートウェイターミナル建設を進めており、中部GWの稼働で物流の最適化を進めていく。

最終更新:9/9(金) 13:01

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。