ここから本文です

【全米オープン】GAORA解説者・佐藤武文氏「錦織の恐ろしさを感じた」

東スポWeb 9月9日(金)6時0分配信

【ニューヨーク発】テニスの全米オープン男子シングルス準々決勝(7日=日本時間8日)で世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)は同2位のアンディ・マリー(29=英国)を下し、2年ぶりの4強進出を果たした。

 GAORAテニス中継解説者の佐藤武文氏(45)は「彼の恐ろしさを感じた」と奇跡の勝利とも言える錦織の逆転劇にうなった。

 課題だった第1サーブの確率が60%と好調だったことに加え「ネットプレーがポイントになった。ストロークで追い込んで、ネットに出て、ミスを誘っていた。積極的に前に出て、マリーにプレッシャーをかけていった。相手に考える余裕を与えなかった」と勝因を分析した。錦織はボレーやスマッシュが冴え、多彩な攻撃を展開。普段よりドロップショットも多用した。これらの徹底した戦略がマリーの鉄壁の防御に、風穴を開けたという。序盤はマリーペースだったが「雨で中断になったあたりから変わった」と指摘した。

 突然の爆音に微動だにしなかった精神力も「全米オープンはがちゃがちゃしていることが当たり前。何が起きてもおかしくない。錦織選手はなんとも気にしていなかった」と称賛。「この舞台でマリーに勝つのはラッキーなものだけじゃない。実力で倒した。弾みがつくし、自信になる。(ノバク)ジョコビッチも『エッ!?』って思っている」と佐藤氏は次戦以降の活躍に期待を込めた。

最終更新:9月9日(金)6時0分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]