ここから本文です

ブラザー販売、2インチロール紙対応の感熱モバイルプリンタ4機種を発売

BCN 9月9日(金)14時29分配信

 ブラザー販売(三島勉社長)は9月8日、感熱モバイルプリンタの新製品として、ブラザー初の用紙幅2インチロール紙対応で、コンパクトな本体を実現しつつ業界トップクラスの堅牢性を備えたラベル・レシート兼用モデル「RJ-2150/RJ-2140」、レシート専用モデル「RJ-2050/RJ-2030」の4機種を11月上旬に発売すると発表した。

 ブラザーでは、これまでロール紙対応の「RJ」シリーズで、電源確保が難しい作業現場や防塵、水滴が多い工場など過酷な使用環境での印刷ニーズに対応するため、2012年に用紙幅4インチモデル、14年には用紙幅3インチモデルを投入してきた。今回、日本国内で最も需要の多い用紙幅2インチロール紙に対応し、堅牢性やモバイル端末との連携を強化したモデルを新たに投入する。これにより、物流・運輸業界宅配レシートや不在票用のバーコードラベル、製造業界での入出荷用のラベル発行など、さまざまな業界での印刷ニーズをサポートする。

 新製品は、コンパクトな本体サイズを維持しながら、防塵防滴性能はIP54、対落下性能は2.5mと業界トップクラスの堅牢性を実現した。手での持ち運びはもとより、ベルトへの装着やストラップを用いた肩かけなどさまざまなシーンで快適に使うことができる。iOS端末やAndroid端末、ハンディーターミナルなどのモバイル端末からも手軽に印刷することが可能で、顧客の使用環境に合わせて、インターフェースや対応の用紙が異なる4機種を用意した。

 また、業界トップクラスとなる最高152mm/秒の高速印刷により、現場で顧客を待たすことなくレシートなどを印刷できる。一度にラベルを大量印刷する際にも最適となっている。

 価格は、4機種すべてオープン。

最終更新:9月9日(金)14時29分

BCN