ここから本文です

「神の舌を持つ男」今夜最終回! “神の舌”を失った蘭丸はミヤビを救えるのか

cinemacafe.net 9/9(金) 13:00配信

向井理が舌に乗せたものの成分を解析する“絶対舌感”を持つ青年を演じ、木村文乃、佐藤二朗らと共に全国の温泉地で事件を解決するTBS系金曜ドラマ「神の舌を持つ男」の最終回が9月9日(金)今夜放送となる。

【画像】「神の舌を持つ男」最終回

『TRICK』シリーズや『20世紀少年』『BECK』、『SPEC 天』などの堤幸彦が構想に20年を費やしたという“堤幸彦ワールド”集大成ともいえるドラマで、堤作品ならではの独特のテンポ感と随所に盛り込まれた小ネタにハマる視聴者が続出、多くのファンを魅了してきた。

前回、蘭丸が恋し追ってきた温泉芸者・ミヤビ(広末涼子)には過去に婚約者がいたことが判明。しかもその婚約者が殺され犯人の疑いをかけられてしまう。さらにミヤビは蘭丸の祖父・朝永平助(火野正平)の葬式で香典を盗んでおり、その際蘭丸と出くわし突然キスしてしまったことを告白。しかもミヤビとのキスで蘭丸が味を感じなかった理由は免疫が極度に低下する病のためだった。

多くの謎が解けていくなかミヤビは警察に逮捕されてしまう。ミヤビを救おうとする蘭丸の前に、父・竜助(宅麻伸)が現れる。竜助の前で“神の舌”の実力を見せようとするも、なぜか何も感じなくなってしまい、蘭丸に最大のピンチが訪れた。

今回、“神の舌”を失った蘭丸を竜助は「ただの凡人」とけなし、これまで共に旅してきた光(木村文乃)と寛治(佐藤二朗)の人格をも否定。それに対し「僕にとって2人が今後の人生に必要だというエビデンスを確立する」と宣言する蘭丸。一方ミヤビのアリバイの鍵を握る少年・駿(中澤準)の証言が嘘だったことが判明。寛治はミヤビの婚約者で殺された高木(岩尾万太郎)のカツラの色が変色していることに気付き、蘭丸は遺留品のカツラを舐めようと試みる。

今夜の最終回には主題歌を担当した坂本冬美もサプライズ出演。個性派キャストたちが堤ワールドを存分に演じる姿も今夜が見納めとなる。果たして蘭丸のミヤビへの想いは届くのか。蘭丸は“神の舌”を取り戻して事件の真相を突き止めることができるのか。

「神の舌を持つ男」最終回は9月9日(金)今夜22時~TBS系で放送。
22時55分からはLINE LIVEでキャスト・スタッフによる「最終回をみんなで観よう!」イベント後の舞台挨拶が生中継される。

最終更新:9/9(金) 13:00

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革