ここから本文です

エジプト出身力士・大砂嵐「キング・オブ・エジプト」吹き替え声優に挑戦!

映画.com 9月9日(金)9時0分配信

 [映画.com ニュース] エジプト出身の力士・大砂嵐が、冒険スペクタクル「キング・オブ・エジプト」で吹き替え声優を務めることが決定し、アフレコ風景を収めた特別映像が公開された。現役力士が洋画の吹き替えをするのは史上初。大砂嵐は、暴君と化した砂漠の神・セトの宮殿で炎の番をしている怪物・スフィンクスの声を担当する。

【動画】「キング・オブ・エジプト」大砂嵐メイキング入り特別映像

「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督が手がけた本作は、世界20カ国でオープニング興行収入第1位を獲得。神と人類が共存する古代エジプトを舞台に、盗賊ベックと天空の神ホルスが、暴虐なセトから王座を奪うために、巨大ピラミッドの迷宮、スフィンクスの謎かけといった試練に立ち向かう姿を描く。

アトラクションムービーが大好きで、本作を5回鑑賞したという大砂嵐は「スフィンクスがエジプトだから私の声を使ってくれたのは、すごく嬉しかったですね」と起用の喜びを語る。一方で、アフレコは初挑戦のため「相撲の取り組みよりも緊張した。難しかったけど、がんばりました」と苦労を吐露。特別映像では、アフレコ中の大砂嵐が獣のような声をあげスフィンクスになりきっており、熱演ぶりを垣間見ることができる。

なお、その他の吹き替えキャストは、主人公ベック役の「Kis-My-Ft2」の玉森裕太、ヒロイン・ザヤ役の永野芽郁をはじめ、人気声優の中村悠一、小山力也、沢城みゆき、中井和哉、菅生隆之、田中真弓ら豪華な顔ぶれが結集している。「キング・オブ・エジプト」は、9月9日から全国公開。

最終更新:9月9日(金)9時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。