ここから本文です

チャーリー・ホワイティング「F1チームでの職探し報道は事実無根」

TopNews 9月9日(金)19時47分配信

F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)でF1競技委員長の職にあるチャーリー・ホワイティングが、来年以降どこかのF1チームに加入することになるのではないかとのうわさを否定した。

先週、ドイツの『Auto Bild(アウト・ビルト)』が、これまで長年にわたってF1競技委員長を務めてきたホワイティングがFIAを辞めることを考えており、すでにいくつかのF1チームと交渉を行っていると報じた。

だが、64歳となるホワイティングはこの報道を否定。『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に対して次のように語った。

「ばかげた話だ。どこからそんなうわさが出たのか私には分からないよ」

ホワイティングは1970年代に、当時バーニー・エクレストン(現F1最高責任者)がチームオーナーを務めていたブラバムでエンジニアやメカニックを務めていた。その後1988年にFIAの技術責任者となり、1997年からは競技委員長としてF1を監督する立場にある。

そのFIAとの現在の契約が今年いっぱいで満期を迎えるものの、ホワイティングと折り合いが悪い現FIA会長ジャン・トッドが同じ条件での契約延長を望んでいないようだとも伝えられている。

最終更新:9月9日(金)19時47分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]