ここから本文です

SMAP25周年で異変 地方紙「個人広告」占拠の仕掛け人 

J-CASTニュース 9月9日(金)18時3分配信

 先日解散を発表した「SMAP」がCDデビュー25周年を迎え、日本各地の地方紙に祝福のメッセージ広告が続々掲載されている。

 地方紙は全国紙と比べて個人広告を掲載しやすく、広告掲載料も格安だ。そうした事情も背景にあったのか、ツイッターに掲載を呼びかける声が残されていた。

■東京新聞、河北新聞、北日本新聞、西日本新聞...

 2016年9月9日付けの東京新聞朝刊、「TOKTOK」(トクトク)と呼ばれる個人広告欄に「25周年おめでとう!」「これからもずっと一緒に」の文字がおどった。文面や掲載枠の違いはあるものの、およそ70人の「広告主」からのメッセージで埋まっている。

 25年前の9月9日、SMAPは「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビューを果たした。年末には「第42回紅白歌合戦」にも出場。1991年はグループの記念すべきデビュー年として、ファン、そしてメディアに認識されている。

 それから25年後の2016年。紆余曲折を経て、グループは年末に解散することを発表した。年初の「解散騒動」から「解散発表」まで、ファンにとっても歴史的な1年になった。激動の中で迎えた9月9日、ファンは思い思いのメッセージを新聞広告に込めた。

 この日、東京新聞だけでなく、河北新報や北日本新聞、西日本新聞といった他の地方紙にも25周年を祝うメッセージ広告が載ったようだ。

 ツイッターにも

  「素敵なことになってます」
  「涙でる」
  「新聞社さんありがとうございます」

と感謝、驚きの声が相次いだ。

3行×3回を500円で出せる

 25周年記念のメッセージ広告を出そう、という動きは少し前から起こっていた。16年8月26日にはあるファンが、5つの星で作った星のイラスト付き広告を9月9日の新聞に出したい、とツイッターで呼びかけた。

 リプライ欄に、広告掲載料をクラウドファンディングで集めたい、全国紙で無理なら地方紙に出せないか、折り込みチラシにしてはどうか、などさまざまな提案が寄せられ、議論のかわされた様子が確認できた。

 これを受けたのか、ネットニュース編集者の中川淳一郎さんが9月1日、

  「SMAP結成25周年で感謝の意見広告出そう、的ツイート見たが、さすがに新聞広告は高いよな。でも東京新聞、激安じゃねぇか!SMAPファンはここ使えば?」

という文章とともに、東京新聞のメッセージ広告を紹介するぺージをツイート。これが数百回拡散された。

 実際、地方紙にメッセージ広告を掲載する際の費用は格安と言えるのか。東京新聞の「トクトク」は、3行の文章を3回で500円(税別)で、1行追加するごとに200円(税別)。河北新報の「掲示板・伝言板」は3行ごとに掲示板2400円(夕刊は半額)、伝言板1200円(同)だ。

 西日本新聞の「メッセージ欄」は1日の朝刊、夕刊併載で5行まで2000円、それ以降は1行400円だ。

 確かに、全国紙に比べると安く、これなら一個人でも捻出できそうだ。

最終更新:9月9日(金)19時25分

J-CASTニュース