ここから本文です

【インドネシア】スマートシティー構築で産学と連携へ、内務省

NNA 9/9(金) 8:30配信

 インドネシア内務省は、電子行政「スマートシティー」の構築に向けてガジャマダ大学、米マイクロソフトと提携する。国営アンタラ通信が8日付で伝えた。
 チャヒオ・クモロ内相がガジャマダ大学のパリプルナ・スガルダ副学長、マイクロソフト・インドネシアのアンドレアス・ディアントロ社長と覚書を締結した。
 チャヒオ内相は「スマートシティーの構築でより良い行政サービスを提供できるようになるほか、予算策定などでも大きな効力が期待できる」と説明。国内全ての地方政府で、来年半ばまでにスマートシティー化を推進する方針を明らかにした。 
 インドネシアでは、首都ジャカルタ特別州や西ジャワ州バンドン市、東ジャワ州スラバヤ市などが積極的にスマートシティー構想に取り組んでいる。

最終更新:9/9(金) 8:30

NNA