ここから本文です

〔交通事故〕茨城県の2016年交通事故死者、計100人に

レスキューナウニュース 9月9日(金)8時0分配信

9月8日02:30頃、茨城県神栖市溝口の国道交差点でが乗用車とトラックの衝突事故があり、乗用車に乗っていた5人が病院搬送され、40歳代男性の死亡が確認されたほか、他の4人も重軽傷を負っています。
茨城県内での2016年の交通事故死者数は計100人となりました。昨年より16日早い到達で同期比では7人増、死者数は愛知県、千葉県、埼玉県、東京都に次いで、大阪府と並び都道府県別ワースト5位となっています。

【茨城県内での2016年交通事故死者数】
<月別>
・1月:15人(2人増)
・2月:20人(9人増) 02/09~/18に9人死亡→02/18~/24交通死亡事故多発警報
・3月:12人(2人増) 03/17 茨城県知事が「交通死亡事故抑止緊急知事メッセージ」発信
・4月:13人(5人減)
・5月:12人(4人増) 05/01~/10に9人死亡→05/11~/17交通死亡事故多発警報
・6月: 8人(増減なし)
・7月: 7人(4人減)
・8月: 9人(2人減)
・9月: 4人(1人増:8日現在)

※年間死者数:2015年140人 14年132人 13年163人 12年142人 11年169人

レスキューナウ

最終更新:9月9日(金)8時30分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。