ここから本文です

【矢作紗友里】「ゲームでは、ザックの新たな一面も描かれています」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第7弾

ファミ通.com 9/9(金) 12:02配信

●「ツカサとザックが男ふたりで腹を割って話しているシーンがお気に入りです」(矢作)
 2016年10月13日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』。同作に登場するキャラクターを演じる声優陣に、ファミ通.comが独占インタビューを敢行。9回にわたって、そのインタビューをお届けしていく。第7弾は、ザック役の矢作紗友里さんだ。

■矢作紗友里さん(文中は、矢作)
9月22日生まれ。『D.Gray-man HALLOW』(ティモシー役)、『かみさまみならい ヒミツのここたま』(ビビット役)、『暗殺教室』(奥田愛美役)など。


■キャラクター紹介
ザック
少年のような容姿をしたギフティア。主人公・ツカサの先輩であるミチルとペアを組んでおり、幼い見た目に反して業務を円滑にこなす。

――『プラスティック・メモリーズ』がゲーム化されることを聞いたときの感想を聞かせてください。
矢作 じつは、ゲーム化のお話を聞いたのも、つい最近だったので、本当にビックリしました。アニメの放送から1年が経過して、もう1度同じ役を演じられるのは、すごく幸せだなと。

――アニメのアフレコから1年ぶりということですが、ひさしぶりにザックを演じてみていかがでしたか?
矢作 難しいということはなかったですが、アニメのときよりも、大人っぽく演じてしまっていたようで……。ただ、アニメで描かれていたシーンも登場するので、演じているうちに感覚を取り戻していきました。

――なるほど。ゲームにはアニメで描かれなかったオリジナルエピソードも登場するということですが。
矢作 そうなんです。アニメのシナリオに沿っているシーンもありますが、オリジナルエピソードもたくさんあるので、楽しんでもらえると思います。

――オリジナルエピソードの中でお気に入りのシーンを教えてください。
矢作 ツカサとザックのふたりが、アイラに“告白する”、“告白しない”と討論するシーンがお気に入りです。アニメではあまり登場しなかった男ふたりで腹を割って話している様子と、仕事仲間としてツカサに声を掛ける頼もしいザックを見られてよかったなと。

――アニメだと、ザックはミチルといるシーンが多かったですよね。
矢作 ツカサもアイラとふたりのシーンが多かったですからね。ゲームでは、ザックの新たな一面も描かれているので、楽しみにしていてください。

――ここまではシナリオ的なところを聞いてきましたが、ゲームシステムに関したお話もうかがえれば。ゲームでは、アイラとツカサの最後の1ヵ月間をユーザーが、好きなように予定を組んで楽しめますが、もし矢作さんがツカサだったとしたら、どのように過ごしたいですか?
矢作 アイラとふたりでいろいろなところに出掛けたいですね。でも、平日はしっかりと仕事をして、週末にデートという感じで、日常も大事にしたいです。

――毎日を特別に過ごすのではなく、これまでの生活リズムは維持しつつということですね。
矢作 やはり日常は大切かなと。そのぶん、休日は思いっ切り、遊びに出掛けたいですし、祝日があって連休になったら旅行にも行きたいです。

――具体的に行きたい場所のイメージはありますか?
矢作 草津に行きたいですね(笑)。

――草津ということは温泉でしょうか?
矢作 やっぱり、温泉ってワクワクしますよね。温泉に入るだけでなく、湯もみも体験したいですね。アイラがどうしていいかわからず「わぁーーーー!?」とアタフタしているかわいい姿を想像すると、すごく楽しいだろうなと(笑)。

――(笑)。そんな楽しい思い出の後に必ず別れが訪れてしまうというのも『プラスティック・メモリーズ』の重要なテーマになっています。矢作さんなら、どのように気持ちの整理をつけますか?
矢作 私はその場では整理がつけられないと思います。お別れした後、日常からその人がいなくなったことで、現実を徐々に理解していくのかなと。

――なるほど。では、もしギフティアが実在したら、いっしょに暮らしたいですか?
矢作 私は、ペットですら飼いたくても別れが悲しくて飼えないので、ギフティアとは絶対に暮らせないと思いますね。

――最後に発売を楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いします。
矢作 アニメの放送から、1年以上経過していますが、こうしてゲームでまた『プラスティック・メモリーズ』に触れていただける機会があるというのは、すごくうれしいです。アニメを見ていた方はもちろん、見ていなかった方も楽しめる作品になっていますので、たくさんの方に遊んでいただけたらなと思います。

【次回更新】2016年9月16日(金)12時公開予定
第8弾 内匠靖明さん(水柿ツカサ役)
第9弾 雨宮天さん(アイラ役)

【関連記事】
●【上坂すみれ】「エルはアイラのかわいさをより引き出していると思います」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第1弾
●【津田健次郎】「どんなゲームになっても、悲しいお話になるんじゃないかと思っていました(笑)」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第2弾
●【愛美】「シェリーの意外な姿が見られます」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第3弾
●【豊口めぐみ】「どのエピソードにも、胸に刺さる要素が盛り込まれていて演じていて切なかった」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第4弾
●【日野聡】「いち役者としてすごく演じ甲斐のある役」PS Vita『プラスティック・メモリーズ』キャストインタビュー第5弾

最終更新:9/9(金) 12:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]