ここから本文です

蓮舫氏の二重国籍問題 擁護・批判の議論が過熱

J-CASTニュース 9月9日(金)18時23分配信

 民進党の蓮舫代表代行(48)の日本籍と台湾籍の「二重国籍」疑惑騒動で、ここにきて識者などから蓮舫擁護の発言が相次ぐようになっている。

 しかし、ネット上ではこうした意見に対する激しい反発も起きていて、「火に油」の様相になっている。

■「政治家としての失態として数え上げることはできない」

 脳科学者の茂木健一郎さんは2016年9月9日、ツイッターで、「ヤフー!ニュース」に掲載された蓮舫議員のインタビューにリンクを張り、

  「日本で生まれ育って、日本語が母語で、たまたまお父様が台湾生まれというだけ。この件はこのclarificationで終わりでしょう。蓮舫さん、がんばってください!」

とツイートした。インタビューでは、雑誌「CREA」で「台湾籍です」と語っていたことや、「生まれたときから日本人でした」と言いながら日本国籍を取得した時期を18歳、17歳と説明がぶれたことなどについて説明し、仮に台湾籍が残っていたとしても国ではないから国籍にはならないし、中国法に照らし合わせても他国の籍を取った場合に自動的に中国籍は喪失するため、どちらにしても二重国籍にはならないと発言している。

 フリーアナウンサーの長谷川豊さんは「教えて!goo」のブログで16年9月7日、

  「多分蓮舫さん、そんなに悪くないんじゃないかなぁ......。」

と擁護した。「違法状態なのではないのか」と責められているけれども、国籍法自体がザル法で欠陥法案。アメリカで生活すると分かるが二重国籍、三重国籍の日本人はいくらでもいるし罰則もない。台湾籍を無くす手続きは父親がやったということだから、蓮舫さんの過失とは言い切れないケースだ、と主張した。

 コラムニストの小田嶋隆さんも「日経ビジネス」ウエブ版 (16年9月9日)で、

  「蓮舫議員は別に好きじゃないが」

というコラムを書き、何十年も昔のさして重要でもない、よく覚えてもいない事柄についての答弁が要領を得ないものであったとしても、

  「そのことをただちに政治家としての資質を疑わせる失態として数え上げることはできない」

とした。そして、結局馬脚を現した格好になったのは、国籍や血統といったセンシティブな問題をネタにして、一人の政治家を火あぶりにかけようとした人々の方であり、排外主義的な国家観や民族意識を牢固として抱いていることを全世界に知らしめた、と批判した。

 ただし、こうした著名人の擁護は、逆に「火に油」を注ぐ形になってしまってもいる。

1/2ページ

最終更新:9月9日(金)19時23分

J-CASTニュース