ここから本文です

エコレールマーク認定商品13件、企業3社を新たに認定

レスポンス 9/9(金) 8:44配信

第33回「エコレールマーク運営・審査委員会」が7日に開催され、エコレールマークの認定商品として13件、認定企業として3件が新たに認定された。国土交通省が8日、発表した。

エコレールマーク制度は、地球環境に優しい鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品や企業に対して、「エコレールマーク」を認定、マークの表示によって消費者に判断基準を提供する制度。

「エコレールマーク」の表示された商品を通じて、流通過程で企業が地球環境問題に貢献していることを消費者にアピールして、企業の鉄道貨物輸送へのモーダルシフトを促進することを目的としている。

新規エコレールマークに認定した商品は、「ベーシック・バリュー」(GSユアサ)や「黒霧島」(霧島酒造)、「佐賀たまねぎ」(佐賀県農業協同組合)、「糸かつお 20gT」(マルトモ)など。

認定企業は霧島酒造、佐賀県農業協同組合、マルトモの3社。

今回の認定を受け、認定商品は合計で201品目(172件)、認定企業が88社。また、東京エコサービス、ジャパン・カーゴが今回新たに協賛企業となり、協賛企業は合計で29社となった。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/9(金) 8:44

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。