ここから本文です

【ベトナム】メガFTAで日越連携、世耕経産相

NNA 9/9(金) 8:30配信

 世耕弘成経済産業相は8日、ハノイ市内で講演し、環太平洋連携協定(TPP)の早期発効や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期合意などアジアにおける自由貿易の促進に向けてベトナムと連携する考えを強調した。
 
 世耕経産相は、英国の欧州連合(EU)離脱の動きや一部先進国での指導者の内向きな発言に懸念を表明。対策として「まずやるべきことはメガFTAの促進」とし、TPPの早期発効と拡大の重要性を訴えた。さらに日本とEUとの経済連携協定(EPA)の年内大筋合意と「質の高いRCEPの早期合意」に全力で取り組む考えを示した。また東南アジア諸国連合(ASEAN)統合の深化の必要性などにも触れた上で、「日本とベトナムが協力して自由貿易の渦を再び巻き起こしたい」とし、両国の協調を呼び掛けた。
 
 ■日越大学「両国の架け橋に」
 
 日本は8月に開かれたASEANとの経済閣僚会合で、デジタルやヘルスケアでの新産業創出を、互いに支援する方針を打ち出している。世耕経産相は、「日本の技術力とASEANの市場を連携させ、ASEANでの第4次産業革命を活用した新産業を創出する」とし、ベトナムについてはイノベーションを支える人材育成への協力を続けるとした。
 講演は、きょう9日にハノイで開学式を迎える日越大学の記念シンポジウムで行われた。経産相は一期生らに向けて「日系企業の幹部として、両国の架け橋を担う貴重な人材が多数生まれることを期待する」と述べて祝福した。

最終更新:9/9(金) 8:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。