ここから本文です

米国株式市場はアップル主導で下落、エネルギー株は高い

ロイター 9月9日(金)6時13分配信

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場はマイナス圏で取引を終えた。前日に新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」を発表したアップル<AAPL.O>が売られ、相場を圧迫した。一方でエネルギー株は買われ、下値を支えた。

アップルは2.6%安。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した影響で米国株全般が大きく売り込まれた6月24日以来の下落率だった。

S&P情報技術株指数<.SPLRCT>は0.9%下げ、10セクターで最も低調となった。非中核的なソフトウエア事業を英社に売却することで合意したヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)<HPE.N>は3.2%下落した。

原油が大幅に値上がりしたことを受け、S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は1.7%上昇した。

米国株はここ数カ月ずっと狭いレンジにとどまり、投資家は経済状況や金利動向を見極めようとしている。

パイオニア・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ジョン・キャリー氏は「市場参加者は米連邦準備理事会(FRB)が追加利上げするかどうか、するとすればいつになるか思案を続けている」と指摘。昨年12月にたった25ベーシスポイント(bp)の利上げで売りが広がっただけに、また同じ事態が起きるのではないかとの不安が市場にはあるとの見方を示した。

トムソン・ロイターのデータによると、米取引所の合計出来高は約68億株で、過去20営業日平均の60億株を上回った。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.20対1、ナスダックが1.03対1でいずれも下げが優勢だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 18479.91 -46.23 -0.25 18486.69 18506.24 18446.69 <.DJI>

前営業日終値 18526.14

ナスダック総合 5259.48 -24.44 -0.46 5269.96 5271.01 5248.41 <.IXIC>

前営業日終値 5283.93

S&P総合500種 2181.30 -4.86 -0.22 2182.76 2184.94 2177.49 <.SPX>

前営業日終値 2186.16

ダウ輸送株20種 8076.60 +19.00 +0.24 <.DJT>

ダウ公共株15種 681.80 +2.13 +0.31 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 797.57 -1.63 -0.20 <.SOX>

VIX指数 12.51 +0.57 +4.77 <.VIX>

S&P一般消費財 636.75 -4.99 -0.78 <.SPLRCD>

S&P素材 305.65 -1.36 -0.44 <.SPLRCM>

S&P工業 507.46 -0.40 -0.08 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 554.03 -2.55 -0.46 <.SPLRCS>

S&P金融 329.46 -0.34 -0.10 <.SPSY>

S&Pエネルギー 526.42 +8.64 +1.67 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 841.60 +1.00 +0.12 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 174.87 -0.32 -0.18 <.SPLRCL>

S&P情報技術 787.19 -7.01 -0.88 <.SPLRCT>

S&P公益事業 253.93 +0.88 +0.35 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.39億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 16955 + 135 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 16870 + 50 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

最終更新:9月9日(金)6時45分

ロイター