ここから本文です

イ・ボミに珍事、ターフがボールの上に乗っちゃった!?

ゴルフ情報ALBA.Net 9月9日(金)19時58分配信

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目◇9日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>

ドレス姿も!総数500枚以上と充実のイ・ボミフォトギャラリー

 国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の2日目。賞金ランクトップを走るイ・ボミ(韓国)は1オーバー12位タイからスタート。この日は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“74”でラウンド。スコアを2つ落としトータル3オーバー18位タイに後退してしまった。
 

 痛かったのは7番のダボ。「ピンまで160ヤード、ラフでもボールが見えていたし、5番ウッドで打ったほうがいいかな」と思って振りぬいたところ、「ボールが見えなくなってしまって…」。実はボールは約1メートル先にしか飛んでおらず、しかもボミのショットでとったラフが上にかかってしまい行方不明に。

 同伴競技者たちも総出で捜索。もはや目視はできず、「笠りっちゃん(りつ子)が踏んで、競技委員に聞いてドロップしたけど(※)、ラフに変な入りかたをして一回出して」。結局4オン2パットのダボとなってしまった。

 9番では12ヤードの3打目をカップに入れ、チップインバーディを奪うなどラッキーもあったが、スコアを取り戻せなかった。「今日は天気が良くなくて、ショットも良くなかったしイーブンを目指したけど…それも一回忘れます。明日もイーブンを目指します」。明日からの決勝ラウンドは気分を切り替えて臨む。

 このコースではフェアウェイをキープするだけでも清水キャディとグータッチ。ボミをここまで苦しめるとは、登別カントリー倶楽部恐るべし、だ。

※ゴルフ規則
18-4.ストロークプレーで同伴競技者またはそのキャディや携帯品により同伴競技者またはそのキャディーや携帯品が競技者の球を動かしたり、球に触れたり、球の動く原因になっても罰はない。球が動かされたときは、その球はリプレースされなければならない。

20-3C.球をプレースやリプレースすべき箇所を確定できない場合は、次の処置をとらなければならない。
(i)スルーザグリーンでは、ハザード内でもパッティンググリーン上でもない場所で、しかも球があった箇所のできるだけ近い所、その球をドロップ。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月9日(金)19時58分

ゴルフ情報ALBA.Net