ここから本文です

SMAPの“デビュー25周年”をひっそりと祝う西武園ゆえんち

リアルライブ 9/9(金) 17:34配信

 アイドルグループのSMAPがデビュー25周年を迎えた9日、25年前にデビューイベントを行った西武園ゆうえんちには多くのファンが集まった。

 あるファンは「だから西武園が通常営業している中、SMAPのグッズを身につけたファンがひっそりと集まり、25周年をお祝いしました。園内に25周年を祝う横断幕を張ったり、うちわを飾ったり。ファンがそれぞれオリジナルの25周年を祝うキーホルダーやストラップ、ポケットティッシュを配ったり。西武園は朝から場内のBGMにSMAPのデビュー曲やメドレーをかけていたのが粋ですよ」と語る。

 当初、ファンが西武園を貸し切ってイベントを行うはずだったという。「もともとファンの有志が主催者となって、西武園を貸切にしてイベントをする方向で話が進んでいたんですが、フジテレビが主催者に無断でイベントのことを報じたので、西武園に問い合わせが殺到。警備上の都合などもあり、イベントが8月中旬に中止になったんです」と同ファン。

 9日、西武園の入り口には「SMAPデビュー祝25周年パーティー見送りについて」という張り紙があり、「9月9日は西武園ゆうえんちにおいてSMAPに関するイベントの実施はございません。ご来園の際は間違えのないようご案内申し上げます」としている。

 タワーレコードを訪れるファンも多数。「タワレコは、ジャニーズグループが何周年とか、活動休止とか、何かのきっかけがあるとそのグループを盛り上げるコーナーを設置するんです」とレコード関係者。

 実際、新宿のタワーレコードでは「SMAP デビュー25周年おめでとう」というコーナーが設置され、ファンがメッセージを書くメッセージボードもあった。

*画像は西武園ゆうえんち公式サイトの重要なお知らせ【SMAPデビュー祝25周年パーティー見送りについて】から

最終更新:9/9(金) 17:34

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]