ここから本文です

公共交通事故被害者等支援フォーラム 9月9日から

レスポンス 9月9日(金)9時0分配信

国土交通省は、9月から12月にかけて、全国10会場で、「公共交通事故被害者等支援フォーラム」を開催する。公共交通事業者や関係団体、一般を対象に国、被害者、公共交通事業者、各分野の専門機関の取り組みなどを紹介する。

国交省では、2012年4月に「公共交通事故被害者支援室」を設置し、公共交通事故で被害に遭った人の支援に向けた取り組みを進めている。

特に、公共交通事業者の安全意識の向上や、公共交通事業者による被害者支援の意義について、より一層理解を深めてもらうことが重要。このため、被害者の経験を話しもらうほか、先進的な公共交通事業者や心のケアなど、専門家のいる支援機関の取り組み、国土交通省公共交通事故被害者支援室の業務内容を紹介するフォーラムを地方運輸局など10局で開催する。

9月9日に関東運輸局が開催するのを皮切りに順次開催していく。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月9日(金)9時0分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。